リスティング広告運用 サービス内容

HOMEリスティング広告運用(サービス内容)

リスティング広告とは

リスティング広告とは、Yahoo!やGoogleなどの検索エンジンの検索結果ページに、有料(クリック課金型)でテキスト広告を表示するサービスです。

YAHOO!スポンサードサーチ

Yahoo!JAPANの検索窓からユーザーが検索した場合にキーワードに関連したテキスト広告が広告枠に表示されます。
またYahoo! JAPAN以外にも、下記をはじめとする多くの提携パートナーサイト内にある広告枠に掲載されます。

Googleアドワーズ広告

Yahoo!のスポンサードサーチと同様に、Googleの検索窓からユーザーが検索した場合にキーワードに関連したテキスト広告が広告枠に表示されます。
こちらもGoogle以外に下記をはじめとする多くの提携パートナーサイトがあり、その中にある広告枠に掲載されます。

効率のよい集客ができる
クリック課金制なので、実際にユーザーがアクセスしてクリックした時にしか料金が発生しない。
ターゲットを特定できる
キーワードを自由に設定できるので、購入の見込みが高そうなキーワードに絞って集客ができる。
フレキシブルに対応できる
ご自身のタイミングで広告の出稿と停止ができるので、期間限定の一時的な集客にも向いている。

他サービスとの連動

SEO対策との連動

SEO対策とリスティング広告、二つとも対策・利用することで大きな効果を得ることができます。即効性のあるリスティング広告で集客をしている間に、持続性のあるSEO対策を行えば、即日~長期にわたっての対策が可能になります。
特におすすめなのは、クリック単価の高いビックキーワードをSEO対策に切り替えること。予算を複数のキーワードに配分でき、全体の費用対効果を高めることが可能になります。

ランディングページとの連動

クリック率を上げ費用対効果をより高めるには、リスティング広告とランディングページ、キーワードの3つの関連性を高めることが重要となります。

例えば、ユーザーが『赤ワイン』と入力し、『おいしい赤ワイン、多数販売中!』という広告が表示されたとします。それにもかかわらず、クリックしてはじめに訪れたリンク先(=ランディングページ)がユーザーの探している『赤ワイン』の情報が載っているページではなく、食料品を販売しているサイトのトップページだったとしたらどう思うでしょうか?

リスティング広告で良い広告文を作成し効率的に集客をしたとしても、ランディングページの内容と広告文がマッチしていなければ、訪れたユーザーはページを数秒で離脱してしまいます。売りたい商品・サービスにマッチしたランディングページを用意することがとても重要です。

↑PAGETOP